マジ!婚活

人気記事ランキング

ホーム > 痛風 > プリン体制限よりも重要なこと

プリン体制限よりも重要なこと

沈着している尿酸の結晶が確認できてもそれだけで痛風の発作は起こりません。

発作が誘導されるのは、強いストレスを心身ともに感じる動作や運動、短い間での尿酸値の変動などが引き金となって、関節に付着していた尿酸の結晶が剥がれ落ちたときです。強烈な痛みのもとは、剥がれ落ちた結晶を白血球が異物と捉えて排除しようと活動したために起こる炎症反応です。

 

 

痛風患者にとって侮れないもののひとつが食品に含まれるプリン体制限ですが、このプリン体制限は今治療の主流ではなくなりつつあるようです。特に野菜のプリン体については、大半が体外に排出されるので、気にしすぎることは必要ないようです。それよりも、肥満を予防するため、脂肪分の高い食品や食べ過ぎを避けるように心がけましょう。尿酸値は血液中に含まれる尿酸の濃度を差し、一般的には男性の割合が高い傾向にあるようです。これは女性の場合にはエストロゲン(女性ホルモン)の働きにより、尿酸の体外排出が促進されているためで、閉経をするとそのような働きがなくなるので尿酸の値に上昇がみられるようになります。参考URL:http://xn--18j3fta4921axgcis1a9e9f.jp/

 

 

 

痛風による患者の数は若い男性にも増える傾向があり、国内では90万とも100万とも言われています。

 

これに合わせて血清尿酸値も男女とも上昇傾向にあります。尿酸値が基準値を超える高尿酸血症は、成人男性の4~5人に1人の割合で見られ、年を追って増加傾向です。痛風の発症年齢も低年齢化していて、50代から30代での発症へと変わりつつあります。

正常な尿酸値に近づけるためには、体に負担をかけ過ぎない有酸素運動に期待がもてます。散歩や軽いジョギング、サイクリングやアクアビクスなどが当てはまります。それに対して短距離走、筋肉トレーニングなどの無酸素運動はダイエットには効果がありますが、急激に負荷のかかる運動をすると尿酸値を高くしてしまうので、尿酸値をなんとかしたい方は有酸素運動をこころがけてみましょう。