マジ!婚活

人気記事ランキング

ホーム > 妊活 > 腹帯はいつから付けるもの

腹帯はいつから付けるもの

妊娠5ヶ月に入ると、安産祈願で神社へお参りにいきます。戌の日と呼ばれる日が月に何日かあり、その日に合わせていく妊婦さんも多いです。

なぜ戌の日なのかというと、犬は1度にたくさんの赤ちゃんを出産しますが、お産が軽いため、安産の象徴とされています。お参りに行ったら、祈願した腹帯をもらいます。

 

さらしのものが昔ならではですが、巻くのにコツがいりますし、今は簡単な腹帯が人気があります。お参りの日など、記念にさらしたいを巻く人もいます。

妊婦になるとお腹が出てきますが、支えがないとお腹が下がって反った姿勢になったりします。寒い時期ですとお腹が冷えやすくなります。

 

そのため安定期に入る頃には腹帯をすると良いのです。寒い時期ならもっと早くても良いでしょう。

さらしタイプを使いたい場合は、産院で助産師さんが指導してくれたりもします。産後は赤ちゃんの産着に作り替える人もいます。

 

他のタイプは通販などでもたくさん種類があります。腹巻きタイプやマジックテープなど使いやすいものがあります。

伸縮性のあるもので締め付け過ぎないように気を付けます。

 

お腹の出方や腰痛の出方も個人差があるので、自分に合わせたものを見つけると良いです。

・腹帯の選び方
日本では妊婦が5か月くらいになると腹帯をまいて安産を願う習慣があります。お産が軽いために安産の守り神とされていた犬にあやかり、妊娠5か月目の戌の日に腹帯をまく習慣が生まれたものといわれます。
妊婦の保温と赤ちゃんの位置を安定させるという大切な意味もあり、昔の人は戌の日以降は帯をまいて過ごしていました。
腹帯のもっともオーソドックスな素材は昔ながらのさらしで、きっちりと巻くことができて、通気性がよく、暑い季節にも蒸れないといったメリットがありますが、一人で巻くのは難しかったり洗濯が大変といった意見もあるようです。
最近ではマジックテープで調節できるガードルタイプのものや、手軽にリラックスタイムに使用することのできる腹巻タイプのものなどもあります。
ガードルタイプのものや腹巻タイプのものは柔らかい素材でできており、つけるのが簡単であまりかさばらないのが魅力ですが、素材によってはさらしよりも暑くて蒸れやすく感じるものもあります。
さらしのものはどちらかというと現在では安産祈願の儀式として使用することが多く、普段使用するものは妊婦自身が自分のライフスタイルに合わせていろいろな種類の中から自分に合ったものを見つけるという選び方をすればよいのです。妊婦の青汁おすすめ最新ランキング