マジ!婚活

人気記事ランキング

ホーム > 妊活 > 妊婦の腹帯に関する基礎知識

妊婦の腹帯に関する基礎知識

 

妊娠して5ヶ月を過ぎた頃に、安産を祈願して神社やお寺へお参りに行きます。戌の日と呼ばれ日が何日かあり、その戌の日に合わせていく人も多いです。

 

戌の日で休日、さらに大安でお天気がよい日などは、安産祈願で有名な神社やお寺はすごい人がきます。

 

戌の日とは何か?と疑問に思うかもしれませんが、豆知識として説明します。犬は一回の妊娠出産で複数の子犬を産みます。

たくさん出産するけれど、お産が軽いため安産の象徴とされています。

 

そのため戌の日には多くの妊婦さんがお参りに行くのです。5ヶ月というと安定期に入り、悪阻もおさまり一番動きやすい時なのでなおさらお参りに行きやすいです。

 

妊婦用の腹帯はさらしのものや腹巻きタイプや、ガードルタイプなど様々あります。

さらしタイプは使い方が難しく、トイレなどでずれたりしやすいため、日常的に使うには他のタイプが好まれるかもしれません。

 

しかし、さらしタイプが良いという人もいますし、助産師さんに指導してもらうこともできます。

腹帯は大きなお腹をしっかり支え、お腹を守ってくれます。

 

姿勢を正してくれて腰痛予防になります。またお腹を包むので冷え対策にもなるので、安定期に入ればつけるようにしましょう。妊婦の青汁おすすめ最新ランキング